肺機能検査

「肺機能検査」とは?

「肺機能検査」とは?肺の病気が疑われる時に受ける検査で、空気を出し入れする換気機能のレベルや、肺の容積などを調べる検査です。
肺機能障害の有無や、肺の機能がどの程度障害されているのか、その障害は進行性か、手術に耐えることが出来る状態か、などを判定するために行います。
咳や痰の多い人、息切れのある人、喫煙者などは、特にこの検査を受けることが勧められます。

どのような検査か?

一般的にはスパイロメーターという計測機器を用いて、肺に出入りする空気の量や速度を測定し、肺のはたらきや呼吸器の病気がないかを調べます。
検査では、鼻をクリップでつまんで、マウスピースをくわえ、息を吸ったり吐いたりして、肺に出入りする空気の量や速度の測定などを行うことで、肺の換気機能を調べます。

どのようなことがわかるのか?

スパイロメーターを用いて、以下のような項目について調べられ、結果から肺機能を診断します。

肺活量
空気を胸いっぱいに吸い込んで、それをすべて吐き出したときいたときの呼出量を調べます。
予測値の80%以上が正常です。
%肺活量
年齢、性別、身長から算出された予測肺活量(基準値)に対しての、実測肺活量の比率を調べます。
予測肺活量の80%以上が基準値とされています。%肺活量が低い場合は、肺が固くなったり呼吸筋が弱くなったりして肺が十分に拡がらないため、肺の空気を入れる容量が少なくなっている可能性があります。
%肺活量の値が基準値より低い場合は、間質性肺炎、サルコイドーシス、肺線維症、胸膜炎、胸の変形などが考えられます。
努力性肺活量
胸いっぱいに息を吸い込み、一気に吐き出した空気の量を調べます。
1秒量
努力性肺活量のうちの最初の1秒間に吐き出された空気の量を調べます。
1秒率
1秒量が努力性肺活量に占める割合です。1秒率70%以上が基準値とされています。
1秒率が低い場合は、気道が狭くなって息が吐きにくくなっている可能性があり、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、気管支ぜんそく、びまん性汎細(はんさい)気管支炎などの可能性があります。
残気量
息を吐ききったあとに、なお肺内に残っている空気の量を調べます。

呼吸機能障害の分類について

呼吸機能障害は%肺活量と1秒率とにより、下図のように拘束性肺障碍と閉塞性肺障碍に大別されます。
呼吸機能障害の分類について

分類 拘束性肺障碍 閉塞性肺障碍 混合性肺障碍
病態 呼吸運動が拘束された状態 気道が閉塞した状態 拘束性+閉塞性 
解説 胸部・腹部を強く締めて呼吸するような状態 細い管を口にくわえて呼吸するような状態 両者が合併した状態
疾患 胸郭整形術後、胸膜肥厚、胸膜癒着、肺繊維症など 肺気腫、気管支喘息、慢性気管支炎 肺気腫、気管支喘息、慢性気管支炎

異常があったらどうするか?

胸部X線検査、胸部CT検査、動脈血ガス分析、血液検査などの精密検査を受けましょう。