胸膜炎

「胸膜炎」とは?

「胸膜」とは、肺の表面をおおう臓側(ぞうそく)胸膜と、胸壁、横隔膜(おうかくまく)、縦隔(じゅうかく)をおおう壁側(へきそく)胸膜からなっています。
肺の表面を覆っている胸膜が炎症が起こす病気が「胸膜炎」です。
胸膜炎は、それ自体で発症することは少なく、がんや結核、肺炎などの後に発症することがほとんどです。

胸膜炎の原因

肺結核、肺炎、肺がんなどをすでに発病しており、腫瘍や炎症が胸膜を刺激することで起こります。
肺疾患だけでなく、肝硬変や心不全、石綿(アスベスト)など、胸膜を刺激するものによって起こる場合もあります。

胸膜炎の症状

突然起こる胸の痛み(胸膜炎痛)があります。痛みは、何となく感じる不快感から激しく刺すような痛みまでさまざまです。
また、胸膜腔に水が溜まり(胸水)、胸膜腔が膨らんで心臓や肺を圧迫し、発熱や胸痛、咳、息切れなどが起こってきます。
胸水が多くなると、呼吸困難をきたすこともあります。
咳、痰、激しい動悸などの症状が現れ、発熱や悪寒、全身倦怠感といった症状も出てきます。

胸膜炎の診断

一般的には胸部レントゲン写真とCT写真、組織採取による検査、などです。
胸部レントゲンで胸膜炎が認められない場合でも、胸膜腔に少量の液体がたまっていることが確認出来ます。
聴診器をあてると、胸膜摩擦音と呼ばれるものが前後にこすれ合うような音が聞こえます。

胸膜炎の治療方法

結核性では抗結核剤の投与を行ない、肺炎や感染に随伴する胸膜炎では有効な抗生剤の投与を行ないます。
心不全のときは強心剤、がん(がん)性胸膜炎では放射線、抗がん剤、免疫療法などを使用します。
胸水の貯留が多い場合には、持続的に胸水を排除するために、胸腔にチューブを入れる胸腔ドレナージを行ないます。
胸腔にうみが貯留した膿胸の場合には、3カ月以内であれば胸腔ドレナージを行い、それ以上に経過した場合には胸腔鏡下での手術が必要となることもあります。