縦隔腫瘍

「縦隔腫瘍」とは?

「縦隔」は特定の臓器の名称ではなく、胸膜によって左右の肺の間に隔てられた部分を指し、心臓、食道、胸腺、リンパ節、大血管、気管、神経節などの臓器が存在する場所のことです。
縦隔腫瘍とはこれらの縦隔内の臓器に発生する腫瘍の総称です。
発生年齢も多様で、小児から高齢者まで発症し、悪性度も良性から悪性(がん)まで多様です。
縦隔の中で発生する部位によって特徴があります。

縦隔腫瘍の症状

縦隔腫瘍は、多くの場合無症状で、検診や他の病気の検査中に発見されることがほとんどです。
しかし腫瘍が周りに拡がると、せき、喘鳴、呼吸困難、胸痛、肩痛、嚥下障害などがみられます。

縦隔腫瘍の診断

一般的には胸部レントゲン写真とCT写真、MRI、組織採取による検査、などです。
縦隔腫瘍は他の臓器の影と重なるため胸部X線正面写真による発見は難しく、胸部CTによる偶然の発見、また圧迫症状が出るほどに巨大化してみつかることが多いです。

縦隔腫瘍の治療方法

縦隔腫瘍は組織の種類が様々で、その種類によって治療法もそれぞれ異なっています。
縦隔腫瘍の多くは、内視鏡手術(胸腔鏡下摘出術)を行います。
悪性腫瘍(がん)では、腫瘍の組織型により、手術、化学療法、放射線治療のいずれか、または組合せが用いられます。