膿胸

「膿胸」とは?

胸膜が炎症を起こし胸膜内にうみがたまった状態をいいます。細菌性肺炎、胸腔内手術後に続いて起こるのが特色です。
症状の期間によって急性膿胸、慢性膿胸(3カ月以上)に分けられます。
また、菌の種類によって結核性、化膿性、真菌性膿胸に分けられます。

急性膿胸

症状の期間が3カ月未満の膿胸を指します。
悪寒を伴う高熱、咳、胸痛、呼吸困難が主な症状です。
もし徐々に熱が出て体重が減るという症状が表れた場合は、結核菌が原因と考えられます。

慢性膿胸

症状の期間が3カ月以上の膿胸を指します。慢性膿胸はほとんどが結核性膿胸です。
必ず目立つ症状が表れるとは限らず、人によっては全く自覚症状がない場合もあります。
慢性膿胸は内科的治療のみでは治癒させることが困難で、多くの場合外科的治療が必要になります。
基質化して厚くなった胸膜の剥皮術や、膿胸腔を縮小、閉鎖するための胸郭形成術が行われます。

膿胸の診断

一般的には胸部レントゲン検査、胸腔穿刺、細菌検査、胸部CT検査などで診断します。
まず胸部レントゲン検査による撮影を行い、胸水がたまっている像がみられれば膿胸が疑われます。
次に、胸腔穿刺により採取した胸水が膿性であったり、細菌検査により胸水から菌が検出されたりしたら診断確定となります。
胸部CT検査は、胸部エックス線検査で膿胸が疑われた場合に行う検査ですが、膿の量や膿がたまっている場所を調べたいときにも役立ちます。

膿胸の治療方法

カルバペネム、クリンダマイシンといった抗菌薬を使用します。
また、全身的な抗菌薬の投与と同時に、胸腔内の膿性胸水を排除することが重要になります。
胸腔内にチューブを留置し、持続的に排液する胸腔ドレナージを行います。
また、急性膿胸の多くは、胸腔鏡下膿胸腔掻爬術を行うことで早期改善を計ります。